トーナルミュージック

トーナルミュージックにおいてはアドリブするときのアヴェイラブルノートスケールを探しやすくなる。

マイナーセブンフラットファイブというコードにはロクリアンを使います。

Ⅱマイナーセブンのときはドリアンだが
Ⅲマイナーセブンのときはフリジアンにしないとなりません。

キーがCでD-7のときはDドリアンを使用。
しかしE-7のときはEドリアンにしてしまわずにフリジアンを使うのがファンクショナル的には正しくなるわけです。

E-7 A7 D-7 G7のスケールを
Eドリアン、Aミクソ♭2♭6、Dドリアン、Gミクソリディアンという選択もあるが
ファンクショナル的にはEフリジアンとすべきなのです。

モーダルミュージックにおいては、
モーダルな作曲、カデンシャルコードからヴァンプを作る時の作業に必要です。
Dドリアンモードでは、Dドリアンがトニックになります。

チャーチモードについて例えばkey=cで■CアイオニアンCドリアンCフリジア→Cロクリア全てCに置き換えたチャーチモードの練習でなんですけど、これは、ゆくゆくどんな事が見えてくるのでしょう。また、どんな事を意識できるようになるのでしょう。