「トーナルとは」

皆さんは色については詳しいでしょうか?色というのは様々ありますよね。明るい色や暗い色、濁ったような色などといったものがいっぱいあります。

今回は『トーナル』について紹介していきたいと思います。

トーナルと聞くと、最初に思いつく言葉と言えば、トーナル配色ですよね。

トーナル配色というのは、濁色系トーンでまとめた配色のことを言います。濁色のことを英語で言うと、『tone(トーン)』と言いますので、『濁色の』は、『tonal(トーナル)』というようになります。トーナル配色というのはこういったことがきっかけで名前が付けられました。

濁色というのは、トーン区分図で言うと真ん中あたりのトーンの色のことを言います。もしも、トーン区分図がわからないなら調べてみてくださいね。

文字通り濁った、くすんだ感じの色なので、『中間色』とも言われています。

トーナル配色は、色彩検定2級テキストでは『中間色の配色』と定義されていて、トーンはPCCのソフト(sf)、ダル(d)、ライトグレイッシュ(ltg)、グレイッシュ(g)の四つから選ぶこととはっきりと書かれているそうです。

もしも、色彩検定を受験する皆さんがいるなら、『トーナル配色』と言われた時、迷わずにsf、d、ltg、gのトーンから色を選びましょう。明度は中で、彩度は中~低の領域になります。

トーナル配色では、使用する色相や、色同士の色相差は特に決められていません。表現したいイメージに合わせて、自由に選びましょう。

どんな色を選んでも、トーンのイメージが前面に出るのが、このトーナル配色の特徴でもあります。『穏やか』や『落ち着いた』、『控えめな』などの言葉で形容されるのがふさわしい配色となっております。

 

このように、トーナル配色というのは、色彩検定や、デザインをこれからやろうとしている人、興味を持っている人にとってはとても必要なものだと思います。なので、まだ覚えていなかった人がいるなら、しっかりと覚えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>